無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
新型インフルエンザ感染?!
 復職して早や5か月。
その間マイナートラブルはあっても
仕事も育児も極めて順調に両立してきました。

が、ここにきて、問題が発生。
保育園で新型インフルエンザの集団感染が確認されました。
息子の所属する1才児クラスでは、保育士さん3名が全滅
園児も6名が感染・・・!

そして、うちの息子も38度〜39度の発熱が続き、
すわ!インフルエンザ?!と小児科に駆け込みました。
検査結果はなんと陰性・・


一度では陽性が出ない場合もあると聞いていたので
その日の夕方、さらには翌朝と、検査キットを変えてもらいながら
計3回検査を受けましたが、すべて陰性という結果でした。

結局4日ほど高熱が続き、症状はインフルエンザそのもの。
(インフルエンザならタミフルを投与しないと1週間は発熱が続くとか)

その間、看病の傍ら、インフルエンザなのかどうなのか、
クヨクヨ過ごしていましたが、最後にお医者様に

「息子さんはきっとウィルスが弱かったか、抵抗力が強いんですよ。
 まあ、比較的軽症で新型インフルエンザの免疫がついたと思えば
 いいんじゃないですか?」

となぐさめられ、そーいうこともあるなぁと納得しました。

今日になって熱は収まり、明日からはどうにか登園できそう。
そして私もようやく出社ができそうです。

職場の責任者にも関わらず、5日間も席を空けてしまいましたが
その間、仕事を守ってくれた部下たちに心から感謝です!

明日からまた頑張ろう♪
| YUKI | 育児と仕事の両立 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
4月復職ママ勉強会
 これまで参加した復職セミナーに触発されて
地域の復職ママ(+ベビー)と一緒に両立ノウハウを共有しあう
勉強会の場を設定しました。

クチコミ、ミクシーなどで呼びかけた結果
既に復職された先輩ママ1名+新米復職ママ12名、計13名(+そのベビーたち)
もの方々に参加していただきました。
皆さん、女性として素敵なばかりでなく、仕事にも育児にも
とても前向きな方々で、私もエネルギーをしっかりいただけました♪

育児と仕事の両立成功のファクターとして、よく挙げられる
1)保育園: 安心できる保育園
2)過程: 家事の優先順位づけ、協力体制づくり
3)職場: 職場の理解
4)こどもの病気: こどもが病気の時の的確な対応


4つの切り口で、参加者に事前にいただいた質問をまとめ、
各項目について知っているノウハウを提供をしていただく形で会を進行しました。

 

1.         保育園

Ø   入園準備はどうしているの?

 ―園によって準備用品は違うが、共通するのは名前つけ。
  アイロンシールははがれやすいので、手書き、手縫い、
  油性の布用名前スタンプを使うなど

Ø      慣らし保育ってどうする?

    −般的には約2週間かけて、園に来る→お散歩→お昼ごはん→
     昼寝→おやつと、
保育時間をステップバイステップで伸ばしていく

    −親の都合に合わせて、保育園でも柔軟にスケジュールを組んでくれる

    −4月1日復職の場合、慣らし保育を最短3日間にする場合もある。
     初日はパパが休んで午前中にお迎え、2日目はママが休んでお迎え、
     3日目はおばあちゃんがお迎えなど工夫をする方も

Ø      保育園に行きながら授乳はどうするの?

 ―低月齢の場合、冷凍母乳を続けるママもいるが、結構大変。

 ―子どもは順応力が高い。おっぱいが恋しくなっても保育士さんが
   だっこしてくれるので、保育園では母乳は飲めないものと納得し慣れる

 ―むしろママの乳腺炎リスクのほうを心配した方がいいかも。
   おっぱいマッサージなどの母乳ケアを調べておいた方がいい

 

2.         家庭

Ø    日々の日用品、食料品などは、どこで買うの?

 ―生協、ネットスーパー(西友、イトーヨーカドー、オイシックスなど)
   をフル活用し、足りないものは週末スーパーで買い揃える

 ―毎日の夕食はヨシケイ、アンファミーユ(タイヘイ+ベネッセ)などの
   宅配を活用する人も

Ø    夕食の準備はどうするの?

   −ヨシケイの「15分メニュー」でさっと作る

   −週末に作りおき&冷凍したものを食べる
      (煮物、煮込み料理、マリネ、小松菜そのまま冷凍など)

   −週末作りおきも、頑張りすぎると週末が食事作りで終わってしまうので、
     ほどほどに。

   −仕事が忙しいときは、夕食はうどんだけというのもあり。
     比較的時間がある時は、料理するなど、メリハリがあっていい。
   

Ø      ダンナ様との送り迎えなどの家事分担はどうするの?

   −保育園に送り届ける朝当番はパパ、お迎えなどの夜当番はママ
     という家庭が多い

   −朝当番を保育園に連れて行くだけと勘違いしているパパもいる。
     朝のオムツ替え、着替えなどもしっかりできるように教えないとダメ。

   −一般的に、ダンナ様は徐々に仕事を増やされるのが嫌。なので、
     
最初から全ての仕事をお願いしておいたほうがいい

   ―家庭での役割分担タイムスケジュールを作成し、お互いの分担を
     見える化
しておく。

   ―ダンナ様が家事や育児をやってくれたら、「ありがとう」を忘れないように

   一旦任せたら、出来、不出来は一切問わない
     対応を間違えると二度とやってくれない

   ―家事の協力できなくても、自分のこと(ワイシャツのアイロンかけなど)は
     自分でやってもらう

   ―休日はパパに子どもを連れ出してもらい、その間ママが家事を集中して行う

   ―子どもが小さいと、赤ちゃんへの接したかが分からないパパは育児に
     消極的になりがち。成長すれば、もっと積極的になるので、
     大目に見てあげることも大切。

Ø    家事効率化の工夫は?

   ー時間削減家電を購入した
     (ドラム式洗濯機、解凍に便利な多機能レンジ、食洗機など)

   ―埃では死なない。掃除は最も省ける家事。
     WMの70%は「掃除は1週間に1回」

   ―モノを増やさない。子どもの作品などの品も、写真にとって
     捨てる勇気が必要

   ―炊飯器調理、シャトルシェフなどの保温調理器なども活用してみては

 Ø    短い時間での子どもとのスキンシップの方法は?

   ―帰宅後すぐにお風呂に入ると、たっぷりスキンシップがとれる。
     その後子どもは一人遊びもでき、ママも家事をしやすい

   ―お迎えが遅いときは、食事の用意以外は家事は全て後回しにして、
     子どもの相手(食事、遊び、お風呂、寝かしつけ)に集中する。

   ―食事の用意も抱っこしながらだと、子どもも満足する。

 

3.         仕事

Ø    職場の皆も自分もハッピーに早く帰る方法は?

ホウレンソウ。今日はどこまでタスクを済ませるかを朝報告し、
  帰る前にどこまで済んだか、積み残しはいつまでにやるのかを
  キチンと報告する。

―自宅で持ち帰り残業できるように、パソコンや通信環境は整えておく

―退社後も連絡のつく携帯メルアドを職場の人全員に伝えておく

Ø  最初からフルタイムで働くの?それとも初めは時短で様子見?

―子どもは朝が強く、夜に弱い。子どもへの負担を考えれば、
  時短は夕方に早く帰れるほうを選ぶべき。

 

4.         子どもの病気

Ø   子どもが病気のときはどうするの?

Ø     病後児保育って利用したことある?

0歳児クラスの平均病欠日数は、年間約18日、1歳児は17日、
  2歳児は7日。
3歳になると体力がつきだいぶ減るので、一時の辛抱。
  でもバカにできない日数なので、親も心づもりと対策は必要。

―親が休んで面倒をみるのが基本だが、全て休んでいたら有休がなくなる
  場合も多いので、区の病後児保育ルームなどを活用する。

―区の病後児保育ルームはキャンセル待ちも多く、病気進行期はダメなので
  100%入れるとは限らない。民間の病児シッター(フローレンスなど)を
  併用する人も。

―病気のときにどちらが休むか、予め家庭内でルールを作っておいたほうが
  ママの負担が減る。

―子どもの病気で休んでも、仕事を持ち帰る、夜帰宅したパパと交代して
  深夜出社するなどして仕事に穴を開けない努力をする先輩ママも。

 

5.         その他

Ø    自分だけの時間の作り方は?

―子供を早く寝付かせる。自分が早起きする。

―通勤時間、昼休みを活用する

―頑張って早く仕事を済ませ、お迎え時間の相当前に退社する

―育児休職中は子どもベッタリの生活なので「自分の時間」を切望するが、
  復職すると一人で行動できるようになるので、「自分の時間」はそれほど
  欲しくなくなり、空いた時間はむしろ子どもと過ごしたくなる。


つたない司会進行ではありましたが、13名の参加者が集まると、
素晴らしい知恵が集まるものです。
私自身も、今回の会を開いて本当に勉強になりました♪

参加者の皆様方、長い時間お付き合いいただき、本当にありがとうございました!
お互い復職後の両立、頑張りましょう!

| YUKI | 育児と仕事の両立 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
認可園内定しました
 認可園の諾否通知が、昨日ようやく届きました。

「1歳児は大激戦で、ただ育休明けだけだとフルタイム勤務者でも難かしい」
と保育課から聞かされていたので、
ほとんど諦めていましたが、
なんと奇跡的に、自宅から最寄(徒歩5分)の
K保育園に入園が内定しました。

申し込みしてから2ヶ月以上待たされて
ヤキモキしていたこともあり、本当にほっとしました

が、認可園だと延長保育(19時15分まで)もついたとは言え、
ファミサポ、ベビーシッターなどの二次保育も手配しなければならないので
かえって費用はかさむし、手配にも時間がかかるのです

いろいろと入園用の持ち物も用意しなくてはならないし、
病後児保育の手配もしなきゃ。
着られなくなった自分のスーツ(腕が太くなったため)も新調しなきゃ!
会社に挨拶&諸般の交渉しなきゃいけないし。。。

3月はやることがいっぱいです。


| YUKI | 育児と仕事の両立 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
マザーネットの復職準備講座

ワーキングマザー(WM)支援サービスを行う「マザーネット」社長の
上田理恵子さんが主催する「復職準備講座」に行ってきました。

 

大手メーカー総合職を経て経営者となった
WM歴17年の上田さんのお話しは、
笑いあり、涙あり。

家族を守りながら働き続けることへの覚悟と勇気をもらいました。

 

また、復職後の自分、子ども、ダンナの1日のスケジュールを書き出し、

ママや子どもにとって無理がないかどうか、上田さんにチェックしていただいたのも

大きな収穫です♪

 

今回の講座で、特に印象に残った両立のヒントを記します。

 

n         働く目的を明確にし、周囲に伝える

     「なぜ仕事をするのか?」常に自分に問いかける。
自分にとって、社会にとってと2つの理由を常に持っていれば、
壁にぶつかっても乗り越えられる。

     仕事と家庭の両立自体が目的とならないように、将来の夢を描く。

     働き続ける理由を本音で子どもに伝える。
(子どもには難しすぎても歪曲しない)

n         1歳児のWMが子どもの病気で休んだ平均日数は年14.9日!

     WMが子どもの病気で休んだ平均日数(マザーネット調べ)は
0歳児クラス:
17.3日
1歳児クラス:14.9日
2歳児クラス:6.5日と
2歳までは非常に多い。これだけ休めないのであれば、
病後児保育やシッターを事前に準備する。

n         仕事は優先順位と「見える化」+自分らしさ

     前日までにto doリスト作成、朝には優先順位づけをする。

     資料はクリアファイルに分かりやすく保存するなど、
誰にでも分かるようにしておく。

     保育園の発熱お迎えコールは10時30分と15時30分頃が最多。
だから毎日10時30分までに自分しかできない仕事を終わらせる
15時30分までには翌日休んでも大丈夫な位まで仕事を進める。

     仕事復帰直後は、つまらない仕事しか与えられないかもしれない。
が、どんな仕事にも意義を見出し、自分らしさを発揮すれば、
道は拓ける。

n         家事だって優先順位と「見える化」

     ほこりでは死なない。WMの掃除回数は、週に1回が70%。

     家の中もラベルを貼って何がどこにあるか分かるようにすると、
ダンナ、実母、シッターが手伝いやすい

n         職場でのコミュニケーション

     「すみません」ではなく「ありがたい」「ありがとう」を口癖にする

     上司には、目下の働き方(「残業できない」等)だけでなく、
数年後の働き方の希望も伝える。


ほかの育休ママと悩みや不安、期待を共有できたことも、今日の講座の大きな収穫でした。
ここで出会った仲間たちと、今後も互いに切磋琢磨していければ、
サイコーです♪

| YUKI | 育児と仕事の両立 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
認証園、確保できました
 待機児童がヒジョーに多く、
「AERA with Baby」最新号でも「23区で保育園に入りにくいワースト2」に
選ばれてしまったわがB区。

「1歳児での入園は(フルタイム外勤者でも)かなり難しい」と
区の保育課から案内されたので、
12月過ぎから真剣に東京都認証保育園を探し回りました。

でも、どの園も「公立園の結果が出る3月まで確約できない」
と、こちらもヒジョーに厳しい状況。

「3月まで待ってどこも入れなかったらどうしよう?!」

不安になって色々なところに問い合わせた結果、
ようやく現時点でも受け付けてくれる認証園を探し当て
先日、入園の契約までこぎつけました

場所は、お隣のT区で自宅から徒歩15分ほど。

2歳児までしか保育を行っていないのでパーフェクトな条件ではないけれど
とにかく、どこかしら預かってくれるところが見つかり、本当に安心しました。

それにしても、公立園は、12月に入園申し込みをしているのに
どうして結果通知が2月末日と遅いのでしょう?

もっと早くしてくれれば
ダメでも対策を練られるし、復職準備もはかどるのに・・・!

結果待ちの間、入れるか入れないか、ヤキモキしてなきゃいけないのは
とってもストレスフルです。





| YUKI | 育児と仕事の両立 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
わーまま先輩とのランチミーティング

管理職ワーキングマザーでマイミクのKさんとランチを一緒にとりました。


2歳児のママで短時間勤務をとりながらも、
管理職として成果もしっかり出されているKさん。

しかも地域でワーキングマザーの勉強会を主催したり、
さらには転職まで実現してしまった、
憧れの先輩わーまま(わーきんぐまざーの略称)」でもあります。

業種が異なっていても立場が似ているので、共感できることが多く、

話が盛り上がる、盛り上がる!

話に夢中になりすぎたので、託児のお迎えの時間を忘れてしまったほどです。

 

Kさんより刺激を受けて、次のことを「やろう!」と心に決めました。

     思うだけでなく、とにかく行動する

・保育園不足といった行政への不満は愚痴をいうだけでなく、
 行政や議員にメッセージを伝えるなど、ちゃんとアクションをとる

・やりたい仕事は自分から取ってくる

     自分のできること、できないこと(優先順位)をハッキリ周囲に伝える

特に、子供のために早く帰ることについては、絶対に躊躇しない。
周囲に遠慮しすぎない。でもアサーティブに♪

     復職後軌道に乗ったら、社内ワーキングマザーのネットワークをつくる

Kさんが主宰しているワーキングマザー勉強会を参考にする。
メーリングリストなどネットを活用する

     わーままorアラフォーとしてのビジネスファッションを開拓する

堅苦しくなく、でも「キチンと感」のある服を身につける。

最初は品のいい、でもコンサバな職場で浮かないスーツを見つける!

 

目的意識をハッキリ持っている友人とお話しをするのは、
下手なセミナーや自己啓発書よりもはるかに勉強になるし、
モチベーションも上がるものですね。

 

復職後も、いろんな方々と「ランチ・ミーティング」をして
自分をもっともっと広げていきたい!と思えたひとときでした。

| YUKI | 育児と仕事の両立 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |