無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
両立成功のためのフレームワーク
転勤してきて1カ月になる部下のワーキングマザー(WM)から
仕事や育児との両立について相談を受けた。

「同じワーキングマザーだから、分かり合えるはず」

と軽い気持ちで相談に乗ったけど、
「WM」とひとくくりに呼んでも
子どもの年齢、仕事上の立場、育児に対する考え方等が異なると
なかなか話が噛み合わない・・・!

一昔前までは、仕事と育児を両立するためには

‖領蓮´⇒解ある上司(職場) 実母の助け
の3点セット
が必要!

と、両立の成否を左右する要因が単純化されていたけど
これだけ働くママが増え、色んなサービスや制度ができた今は
問題がもっと複雑化しているみたい。

後学のために、両立成功には、どんな要因がありうるんだろう?と
キャリアカウンセリングで習った
「4S」のフレームワークの切り口で考えてみた。

Situation(状況)
職場環境(理解があるか?)、労働条件(時短かフルタイムか?)、住環境(職住接近か)
子どもの年齢や性格

Self(自己)
育児・家事に対する価値観(ここまではしたい!というこだわりや割り切り)、仕事観、
仕事上の立場、スキル

Support(支援)
保育所、夫、実母、ファミサポ、シッター等サポートしてくれる人の有無、
周囲のサポートを受け入れられるか否か

Strategies(戦略)
状況、自己、支援を踏まえて、どう乗り越えていくかという戦略の有無

等など
考えつくだけでも10個以上のファクターがあり、WMはかなり細分化されてしまう。

例えば、私の場合は
「比較的理解のある職場だが、フルタイム勤務で通勤に1時間。」

「管理職で仕事の分量は少ないけど、判断業務が多く責任は重い。
 仕事に割かれる時間が長い分だけ、子供との時間は大切にしたい。
 その分家事は、割り切り。」

「実母が近くにいないので、オットやシッターさんのサポートなしでは
 やっていけない」

「ゆえに、仕事も家事も(育児も)人に任せられるものは、極力任せる戦略をとる!」

というファクターで構成されているWMだけど
私と全く同じカテゴリーの人って滅多にいないんだろうなー。

同じカテゴリーのWM同士でないと、
共感しにくいのが、事態をややこしくしているような気がする。
(例えば時短ママは時短ママ同士でしか話が合わないなど)

仕事も育児も上手にバランスを取りたい!という根本の思いは一緒だし
共通するノウハウも沢山あるんだけどね。 


・・・部下のことに話を戻すと
相談を受けるうちに、すべての問題の根っこは
「育児・家事・仕事に対する価値観」をどう自分の中で整理するか。
価値観に応じて、どう優先順位をつけるか
ということに尽きる!
と気づく。

自分の価値観さえしっかりしていれば、それなりに戦略は立てられるもの。

でも、彼女は転勤で環境が変化して、
これまで通りの優先順位の生活ができなくなり、混乱している。

相談を受けた私は

一つの価値観を貫くことは大切だけど
状況の変化に応じて優先順位を柔軟に変えることも必要

という、両立成否の一番のキモに気づいたけど
彼女が心底理解してくれたかどうか・・・。

彼女が混乱から脱出できるようになるまで
しばらく見守ってあげようと思います。
| YUKI | 育児と仕事の両立 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/10/21 3:52 PM posted by: Tak++
そうですね〜WMというのは共通点の一つに過ぎず、であって共感点や価値観は人それぞれですね。

相談者の方は話を聞いてもらえただけでも解決の鍵が見つけられるのではないかと思いますよ。
2009/10/24 1:13 PM posted by: YUKI
Tak++さま
おっしゃる通り、相談を受けた翌日以降はスッキリとした顔で働いています。
大したアドバイスはできなかったけど、話を聞けるということだけでいいのかもしれませんね。
2009/11/04 2:54 PM posted by: Ayano
はじめまして!ちょっと前のエントリーですが、コメントさせてください。

私も常々、「価値観を明確にして優先順位をつけること」が大切だなぁと思っているので、ドンピシャな内容でびっくりしました!

私自身4歳半の双子を持つワーキングマザーですが、ワーキングマザーとひとくくりで言っても、本当に状況は人それぞれ。自分の軸をどこにもつか、が大切ですよね。

それと、別エントリーでマドレボニータのことにも触れていらしたのを拝見しました。私も実はマドレボニータの活動を支援しているので、いろいろ共通点が!!なんて思った次第です。(管理職ではありませんが・・・)
2009/11/05 10:33 PM posted by: YUKI
Ayanoさま
コメントありがとうございます!
最近、遊びに来て下さるワーキングマザーがマドレと関わりのあった方が多く、縁の強さにビックリしています。
バランスボールは久しくやっていないのですが・・・。
「価値観→優先順位」はとってもとっても大切だけど、意識し続けないと日常に流されてしまいがち!なので、できるだけ紙に書くことにしています。
Ayanoさんのブログも素敵でした。時々遊びにいきます♪
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://serendipity01.jugem.jp/trackback/89