無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
区議に伝えて実現したこと
子育て支援について区議に意見を伝えた中に、

「保健センターの
離乳食講座は初期、中期と2段階であるけれど、
いつ申し込んでも倍率が高く参加できなかった。
離乳食は子育てママの最初のハードル。
こんなに応募者が多いのなら、もっと回数を増やして欲しい!!!」
(意見多数)

というものがありました。

そうしたら、先日
「離乳食講座についての皆さんのご意見を委員会で申し入れました。
来年から、隔月ごとではなく、毎月開催に回数が増えることになりました!」

と区議からご連絡をいただきました

なるほど、講座回数を増やすのは、予算措置も比較的規模が小さいので
スピーディーに決定できるもの。

やっぱり、要望は伝えてナンボなんですね。

離乳食講座、1歳8ヶ月の我が家はもう関係ないけれど
小さい赤ちゃんを抱えたママたちが少しでも参加して
食に自信が持てるといいな。

うちも、もしも第二子が出来たら、
次こそは参加しよう!
(離乳食をテキトーに済ませてしまった母親でしたので




| YUKI | ワークライフバランス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://serendipity01.jugem.jp/trackback/74