無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
キャリア開発とセレンディピティ
その幸運は偶然ではないんです! その幸運は偶然ではないんです! J.D.クランボルツ

キャリアカウンセラー(GCDF)資格を取るに当たって、

「最新のキャリア開発論ってどんなもの?」と興味を抱き、
この本を読みました。

 

☆ハプンスタンス・セオリー

クランボルツ博士はキャリア開発論の世界的権威。その博士が提唱するのが
「計画された偶発性理論(Planned Happenstance Theory
 =ハプンスタンス・セオリー)」、

偶然を活用してチャンスをつかむというものです
 

「今後一切キャリアに関する意思決定をしないでほしいのです。

キャリアの意思決定とは、一つの職業へ永遠に関わり続けることと
解釈することができます。

しかし、あなた自身も、あなたを取り巻く環境も常に変化しているときに、
ただ一つの道に人生を捧げようとすることは馬鹿げています。

自分の将来を今きめるよりも、
積極的にオープンマインドでいるほうがずっとよいのです」

キャリアプランとは、自分の中長期的なキャリア目標を綿密に決め、
それに向かって学んだり、狙いのポジションを得るために努力することだと
思っていたので、目からウロコでした。


 

     キャリア開発とセレンディピティ

不確実なことの多いこの世の中、

いくら自分でキャリア計画を立てても思い通りに行くことは殆どないで、

現実的なアプローチだと思いました。

人事権が会社にあるようなサラリーマンの場合は特にそう。

 

このキャリア開発理論、セレンディピティの考え方に近いようです。

セレンディピティ = 偶然を幸運にする力
                             →キャリアアップの原動力

 

そういえば、聖路加国際病院理事長の日野原重明先生も
著書 「幸運な偶然(セレンディピティ)をつかまえる」 で

人生の偶然をチャンスに転化することの大切である、
そして自分の人生も舞い込んだ運をつかんでここまでやってきたものだ


と書かれていましたっけ。

 

私自身、キャリアを真剣に考えるようになったからこそ

知らず知らずのうちにセレンディピティという言葉に共感を覚え、

その力を磨きたい!と考えるようになったのでしょうね。


 

☆キャリア形成とは仕事の幅を広げていくこと

「キャリアの目標を持ちことの大切さが
間違って受け止められているのではないか。
自分に最も合う唯一の職業を探すよりも、
自分の仕事の幅を精一杯広げることのほうが大切だ」

カナダのナショナル・キャリア・サービスの元代表コンガー氏の言葉が紹介されています。

 

日本のサラリーマン社会では
「今ある仕事を精一杯頑張れば、次のステップに繋がる」とよく言われます。

私もその通り頑張ってきましたが、どちらかと言えば、
自分に与えられた分野のテリトリーの中をより深く掘り下げ、
完成度の高い仕事を目指すほうに力を入れていたような気がします。

 

一方で、よくよく振り返ってみると「次のステップ」で役立ったのは、

前職や前々職で、ちょっとだけ手がけた仕事だったり、
少しだけご縁のあった人脈だったことにも気づきました。

 

キャリア形成のためには、今ある仕事を、深く掘り下げるのではなく、

仕事の幅を広げながら、精一杯頑張ることのほうが大切なのですね。

そうすれば、結果として人脈もついてくるものですし。

 

 

☆キャリアカウンセラーの仕事の意味

でも、「(生涯にわたる)キャリアの意思決定」をしないのならば、
キャリアカウンセラーの仕事の意味って何なのでしょうか?

その答えもありました。

「自分にぴったりな職業などというのは、
あなたにも、他の誰にも存在しません…
私たちにできるのは、あなたがより満足のいく人生をつくれるように
行動を起こすお手伝いをすることです。」

行動を起こすお手伝い・
・・
とても素敵な仕事だと思います。

 

 

     今日のセレンディピティ

学びや気づきの多かったこの本。でも自分の中での一番の収穫は

「将来の夢は持つ。でもそれだけにとらわれず、現実に即してオープンマインドで
自分のキャリアを創っていこう!」
と決心できたこと。

これから目指すキャリアカウンセラー資格も、今後のキャリア形成の一つのきっかけ。

資格ありき、にとらわれすぎないように、

偶然出会った仕事を大切にできるようにしよう。

どんな仕事でも、学べるものはあるし、
次のステップに拡がっていくものなのだから

| YUKI | キャリアデザイン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://serendipity01.jugem.jp/trackback/26