無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
子育てをプラスにキャリアアップ
 昨日は「見つけよう、私の両立術!子育てをプラスにキャリアアップ」という
男女共同参画週間記念シンポジウムに参加してきました。


参加費も託児も無料!というこの企画、
5月のミツハタ流講座の際にチラシを見つけ、
すぐに飛びついて申し込んだものでした。

 

講師やパネリストは、均等法一期生で
素晴らしいワーキングマザーの方々でした。

     榊原智子さん

読売新聞生活情報部記者。少子化問題の政府の審議委員等も歴任。
35歳で出産され、お子さんは今10歳。

  堤ゆう子さん
人材派遣会社フジスタッフ執行役員。
専業主婦→パート→正社員とキャリアアップさせて、現職に。
ママが働きやすい求人サイトff-womenプロジェクト」を企画。
3児のママ(下は6歳、上は23歳!)

     西田良枝さん

働くママ・働きたいママの応援サイト「はたママ研究所」代表。
総合職として大手メーカーに入社するが出産後退職、
その後在宅→パート→契約社員→正社員等の勤務形態で働く。
お子さんは
2人とも男の子で、既に21歳と24歳!

     本田由佳さん

タニタ開発部勤務。長男(現在10歳)出産して復職した後、
大学院で母子の健康について研究活動も行いつつ、
母子健康管理計の企画・開発を手がける

 

それぞれの方々の経歴を伺うだけでも、勉強になったのですが、
特に講演・パネルディスカッションを通じて印象に残ったことは・・・

・今は両立への追い風の時期

・ 時間攻略法

職場で応援者を増やすには

・仲間づくりが財産に

ワーキングマザーはコミュニケーション力を活かせ

好きなことを仕事にするには

子どものSOSを見逃さない

      今は両立への追い風の時期(榊原さん)

数年前までは 
 ‖領蓮´⊆楕譟´M解ある上司 
3点セットがそろったママでないと両立は難しかった。

今の日本は少子高齢化が待ったなしで進み、
政府・自民党・官庁がようやく危機感を持ち始めたところ。
日本でも消費税率が増えれば少子化対策財源が出来、
対策が本格化
されるはず。

 

     時間攻略法

仕事は徹底的に効率化(堤さん)

     丁寧にやる仕事と手抜きも出来る仕事とを見分け、
メリハリをつける。

     どんな仕事にも期限を設けると時間管理しやすい。
元トリンプ社長の吉越浩一郎さん著の「デッドライン仕事術」
を読んだが、これは
WMだったら既に実践している!と思った。


家事もメリハリをつける(本田さん)

・ 洗濯・食器洗いなどは機械に任せ、食事作りはキチンと自分で

     職場で応援者を増やすには(榊原さん)

     何でも上司に報告する

朝には今日やる仕事をメールで知らせ、
帰宅前にはどこまでやったかまで報告していると、
退社間際に足止めされる率は減る

     「(早く帰らせてもらえるのは)皆さんのおかげさまです!」
という感謝を意思表示する

「この仕事は○先輩の助言で出来ました」と上司に報告すれば、
○先輩は評価アップ、他社員との連携が出来ていると上司も安心し、
皆が
win-win

     仲間づくりが財産に

ママ友達は両立に必須。
協力しあえる、子どもの様子も教えてくれるなどのメリットがたくさん。
専業ママとのネットワークも大切に。
PTA参加は仲間づくり絶好の機会

     ワーキングマザーはコミュニケーション力を活かせ

子育てやママ友等とのネットワークづくりで
ママのコミュニケーション能力は飛躍的に向上している
最近の若者のコミュニケーション力が著しく低下している今、大きな強み。

職場の応援者を増やすにも、また自分を活かすキャリアづくりにも
コミュニケーション力を活かしていく!

     好きなことを仕事にするには(西田さん)

キャリアアップ(好きなことを仕事にする)には、
初めは小さなことから積み上げていくことが大切

     「好き」:ボランティア(無償)、趣味、やりたいことを勉強
  ↓

     「活動実績」:NPO等に参加、ネットワーク拡大、無償から有償へ

       ↓
 
  「仕事」:やりたいことを活かす、社会への信用、仕事として確立
       ↓

   「就職」「独立」して生かす

     子どものSOSを見逃さない

     「ひとつ」「ふたつ」・・・「ここのつ」と「つ」のつく年齢までは
ぎゅっと抱きしめる、膝の上で甘えさせてあげる
そこで安心感を刻まれた子ほどキチンと独立していく

     体は大人、心はまだ子どもの中学生時代は要注意

     毎日一緒にお風呂に入るなど、子どもの話を聞く定点観測の場を
持つと、子どもも親に話しをしやすい


 

     今日のセレンディピティ

ワーキングマザーの強みはコミュニケーション力
(ネットワーク力にまで発展できる人も)と時間管理能力。
これって管理職のマネジメント力に近いと思います。

パネリストの方々も、時間管理術について今でも色々と勉強されていました。

そのためには、自分もこの2点をもっともっと伸ばさなくては!

まずは、「デッドライン仕事術」や
(株)ワークライフバランス社長の小室淑恵さんの本などを読んでみよう。

| YUKI | セミナー | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/06/24 3:40 PM posted by: つつみゆうこ
こんにちは、セミナー参加ありがとうございました。セレンディピティって初めて聞く言葉でしたが素敵な意味ですね。これから私も意識していきたいです。セミナーの内容もしっかりきっちりまとめてあるので東京都の広報の方に教えてあげたいほど・・・。また時々立ち寄らせていただきますね。
2008/06/24 5:31 PM posted by: YUKI
つつみさん、コメントありがとうございました!
私のほうこそ、つつみさんのブログ、とっても素敵なので
「定期購読」始めました。
更新、とても楽しみにしています♪
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://serendipity01.jugem.jp/trackback/15